唐津焼の特徴

唐津焼は茶の世界でも人気があり、「一楽二萩三唐津」とよばれるほどです。伊万里焼や有田焼のような磁器とははまた違った素朴な印象と、独特の土の渋みが特徴の陶器です。唐津焼には「砂目」という土が使われています。これは生地が粗いことを意味しています。ざらざらとした肌目になるため、釉薬を多めに施すことで、焼きあがると淡くつややかな釉薬の照りと、合間から見えるざっくりとした生地のぬくもりを兼ね備えたものになります。茶の世界では白と黒の釉薬のかかり具合を「景色(けしき)」と呼び、器を鑑賞する際のポイントともなっています。

唐津焼の魅力はなんといっても素朴さとバリエーションの豊かさではないでしょうか。以下に唐津焼の代表的なスタイルをあげてみましょう。

絵唐津とは、唐津焼の代表的なもので、素地に鬼板とよばれる釉薬で草木や花鳥、人物などの絵を描き、透明釉を薄く掛けたものです。素朴な絵が筆や指でのびのびと描かれているのが特徴です。焼き上げると、描いた線は茶褐色になります。向付、皿、鉢によく使われます。

朝鮮唐津はわら灰釉の白と鉄釉の黒く焼ける作用を用いたもので、鉄釉を下地にして、上からわら灰釉を流します。黒の下地の上から掛け流した白が無造作に流れ落ちる様子で風景を表します。逆に釉薬をかけたものもあります。

粉引(こびき)唐津は褐色の粘土を使っています。素地が生乾きの間に化粧土を全体に掛け、乾燥させた後、長石釉や木灰釉を掛けてから焼き上げます。

斑(まだら)唐津は、長石にわら灰釉を混ぜて焼成する事で乳白色の表面に、粘土に含まれる鉄分が青や黒などの斑になったものです。口辺部に鉄釉を塗ったものを皮鯨と呼びます。別名を白唐津とも言います。

三島唐津は、朝鮮の李朝三島の技法をそのままに伝えるもで、象嵌の一種です。 器が半乾きのうちに木型や刷毛で雲鶴や印花紋などの紋様を描き、化粧土を塗ったあと、削り仕上げ、または拭き取ったあとに長石釉や木灰釉をかけ、紋様を浮かび出させたものです。

この他にも、黄唐津、青唐津、刷毛目唐津、櫛目唐津、彫唐津、蛇蝎唐津、献上唐津などがあります。
どうしてこのように多彩なやきものが生まれたのでしょうか。
起源は室町時代にさかのぼります。佐賀県の唐津は地理的に朝鮮半島との交流が深く、それによって唐津焼の基礎ができたようです。しかし本格的に作られるようになったのは、豊臣秀吉公の行った朝鮮出兵のころといわれています。この頃に李氏朝鮮から帰化した陶工たちが現在に伝わる唐津焼のスタイルを確立させました。
シンプルで素朴な味わいは、茶器として重宝されるとともに、戦国時代から江戸にかけて手厚い庇護をうけ、昔ながらのものから独特なスタイルへとバリエーションに富んだ工法が生み出されました。

また、愛知の瀬戸焼が磁器の代表格として「せともの」と呼ばれるように、西日本では陶磁器といえば「からつもの」と言われるほど唐津焼は広く普及しました。一度明治時代に衰退しましたが、伝統的な技法で復活させ、現在に至ります。